梅干教室

梅干教室にお集まりいただいた皆さま、ありがとうございます!
初めましての方も、お久しぶりの方も、お会い出来て嬉しかったです。
いつもお宅をお借りしています、Wさん、ありがとうございます!

今回ご用意いたしましたのは、Lと3Lの新城産の南高梅です。
お日さまを浴びて育った印、紅サシが入っています。
朝採りの梅を求め、二日ほど風通しよくして黄色に熟すまで自宅で待機しました。
部屋中が梅のいい香りに包まれます。季節の香りです。
b0139518_20372789.jpg

教室ではまず、なり口を竹串で取り除いたあと、ホワイトリカーをまぶし
ガラス瓶に粗塩と梅を交互に入れていきました。
最後にたっぷりめのあら塩をのせ、ホワイトリカーを回しかけて重石をのせ
ビニール袋で覆い、紐で結んで空気が入らないようにします。
(午前中の皆さま、すみません。最後のホワイトリカーをかけ忘れていましたので、
持ち帰り後にかけました。)
b0139518_2039683.jpgb0139518_21561385.jpg
二日ほど前に漬けた梅から採取してきました白梅酢を使って、赤紫蘇も揉みました。
粗塩をまぶした赤紫蘇、力強く手掌を使って、ぎゅっ、ぎゅっと揉んでゆきます。
やはり、3回は揉んだ方が発色がいいようでした。
Kさんの力強い揉み方、お見事です!
この赤紫蘇は、後日、梅酢が上がってきたら、入れます。
b0139518_20403075.jpgb0139518_21564863.jpg
梅仕事が終わったあとはお楽しみのおやつです。
この日は、とうもろこしとズッキーニ、枝豆、プチトマト、蒸し鶏の夏キッシュ
桃のコンポートのチーズケーキに丸ごと桃のコンポート
一年前に漬けた梅と、二年前の塩分18%の土用干した梅干で
みなさんでおむすびを作りました。
お漬物と一緒にいただきます。
b0139518_923395.jpgb0139518_2138145.jpg
どなたか、ご連絡ください。手ぬぐいの忘れ物です。
梅をお渡しする時に一緒にお持ちします。
b0139518_2041403.jpg

今日、4時の梅の状態です。すっかり白梅酢が上がってきました。
左が午前中の部、右が午後の部の梅です。
もう少し落ち着いたら、赤紫蘇を入れます。
b0139518_20421096.jpg

みなさんの笑顔が、いつも私を元気づけてくれます。
懐かしい感覚に包まれました。
一ヶ月後に美味しい梅をお届けして、また笑顔にお会いしたいです。
減塩梅干、成功しますように・・・

本当にありがとうございました!
[PR]