コンポート色々

作って瓶に詰める事が好きで
これは、何か異常な心理なのか
黄桃、プルーン、紅玉林檎、無花果のコンポートや栗の渋皮煮、眺めて満足。
b0139518_1073422.jpg
思い出すのは祖母の台所
梅干、梅酒、紅しょうが、らっきょうの甘酢漬けなどが、
ガラス瓶に入って、ずらりとガラス戸棚の中に並んでいました。
ダルマストーブとお竈(くど)さんのある広い土間の台所
おうどんやお蕎麦を打って茹でたり
石臼でお餅をついて、あんころ餅やきなこ餅、草餅を丸めたり。
きっとその光景、台所に憧れていたのでしょう。
[PR]

光象展

西に滞在中の2015年9月 近江八幡「奥村家」での「光象展」にお伺いしました。b0139518_13564436.jpg


江戸時代の面影を残す町家で
多くの作家さんが集う展覧会です。

福森道歩さんのお湯呑みは
白化粧がとろり
手に馴染んで形も優しい。
こんな風に釉掛けしたいなぁ・・・
と思う一品です。
頂いて帰りました。
今、棚の中です。
(上段の右端)
b0139518_5595410.jpg
ドヤドヤと大人数でお邪魔してしまいました。
壊してしまったら怖いので、早々に退散です。
こももは、あの日傘がお気に入り。
こいちじくは道歩さんにいただいたお菓子を両手に。
ごちそうさまでした。
こびわの帽子は娘のお古、この物持ちの良さ、できない断捨離。
b0139518_1010797.jpg

[PR]

無花果

思っていた以上に貫入の入った緑のお鉢に朝採り無花果。
b0139518_701858.jpg

[PR]

ジェノベーゼパスタ

夏の畑のバジルを摘んで
ニンニク、松の実、胡桃、オリーブオイル、粉チーズ、塩胡椒と一緒に
ミキサーで簡単ジェノベーゼ。
茹でたてパスタに混ぜれば、バジルの香り豊かです。
ソースは冷凍庫で保存です。
秋になってバジルの葉が固くなってきましたから、今度は乾燥バジル。
b0139518_7225393.jpg
b0139518_723212.jpg

お皿は指跡の残ったざんぐりな出来上がり、一部釉薬が剥がれ落ちてしまいました。
b0139518_7231218.jpg

高台はこのように・・・・
もう少し頑張りましょう。
b0139518_7232278.jpg

[PR]

笑うてはる

b0139518_14393321.jpg
たまたん、笑ってる?
[PR]

おから

おからは、定番おかず。
一度でお鍋いっぱいできてしまうのが、嬉しいような・・・ような・・・
b0139518_20541612.jpg

この灰釉が気に入っていましたが、釉薬屋さんが辞めてしまったようで残念です。
その一時にしか出会えないものがある事を、無くしてみてわかるのです。
b0139518_10311313.jpg
b0139518_20204660.jpg

まぁ、厚いお鉢です。
[PR]

御本手皿

ユガユガですが、大きめのお皿がひけるようになりました。
御本手がうっすらと現れて尚、嬉しや。
マットな肌を望みましたがピッカピカしています。
このお皿に似合ったような稲荷寿司。
b0139518_10214093.jpg
b0139518_102157100.jpg

[PR]

栗ご飯

朝晩は涼しくなり、山々は清々しい空気に包まれ、空も秋の色に。

お向かいのHさんの栗で、(採れたてホックホク)甘く美味しい栗ご飯です。
里芋、南瓜も美味しくなってきました。蓮根はもう一息といったところ。
そろそろおしまい畑のルッコラ、プチトマトのサラダはパリパリと食べたい。
秋が近づいていることを食べ物でも感じます。
b0139518_20531559.jpg
ピクルスを使えばハーブの香りでサラダの味に深みが増します。
b0139518_10513551.jpg

[PR]

コリンキー

生でも食べられる南瓜、コリンキー。
綺麗な黄色で歯ざわりコリコリ、サラダに。
ここ東に来てから、味が違う気がします。
riccaに
「コリンキーとパプリカの糠漬け美味しいよ。」
と教えてもらったので早速。
b0139518_20512231.jpgb0139518_20513592.jpgサラダのお鉢、自作
b0139518_1652372.jpg

[PR]

梅ジャム&再梅ジャム

「梅ジュースや梅酒の梅は、梅ジャムになりますか?」
というご質問がありました。
いつもこの時期に残り少なくなってきた梅ジャムに
梅ジュースの実を足して再梅ジャムを作っています。
その時に梅ジュースも少し入れるとよりジューシーさが補えてgoodです。
そのまま梅ジャムより酸っぱさが和らいで優しい梅ジャムになります。
焦げ付きやすいので、お鍋の底に気をつけてください。
胃が暑さにバテてきたこの季節には梅ジャムです。
たくさんの時には、ジップロックで冷凍庫保存すれば来年まで楽しめます。
こちらは、最初の梅ジャム。(右、グラニュー糖、左、甜菜糖)
b0139518_2241762.jpg
再梅ジャム。色目はこのような結果です。
b0139518_1614366.jpg

梅酒は出来上がるのに一年かかりますからまた来年。
[PR]