<   2014年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

栗おこわ

b0139518_2192365.jpg栗が店頭に並び始めました。

小豆、雑穀と炊いた栗おこわ
秋もっちり。
あの人にも食べてほしい。
鳳来牛の牛すじ肉
柔らかくしてから味噌煮。
田舎コンニャク、八名丸里芋
名古屋コーチンの卵も加えて。
鮭ムニエル、牡蠣フリッターの
付け合せに
ポテトサラダは便利なおかず。


皿、茶碗、鉢、実十
b0139518_6441120.jpg

[PR]

天然酵母パンと和梨のジャム

あとりんこのお店、GOCCIAさんの天然酵母パンと和梨のジャム
モーモのお土産果物で幸せ朝ごはん。
天然酵母パンは、中力粉で作られています。噛み締めて優しい小麦味。
和梨のジャムはカスピ海ヨーグルトに添えて。シャクシャクの歯ざわりジャムです。
b0139518_10265540.jpgb0139518_21221996.jpgb0139518_10444526.jpg
左は無農薬柚子ジャム
あとりんこラベルはこんなに可愛い!そして、心と体にとっても美味しい!
どうぞ、GOCCIAでお求めくださいね。
[PR]

木の実の木

名古屋のMITの庭で儚げだった白式部は、成長し続け人の背丈も超えて、もっさもさ!
こんな事なら食べられる実にしておけばよかった・・・などと食い気のこの頃。
青柚子はふた回りぐらい大きな実に。
b0139518_1561852.jpgb0139518_1563894.jpg
[PR]

白目

b0139518_14393886.jpg

怖がりタマちゃんは、抱き上げれば手足ジタバタ・・・・小さな頃から。
白目見せて眠るのも、小さな頃から。
口元は最近、をぢさん。
[PR]

四谷の千枚田

黄金色の千枚田を見たかったので、銀の龍に乗って四谷まで。
刈り入れまでに間に合いました。稲穂はたわわ。
山の湧水は冷たく、ずっと手を浸していたくなります。
b0139518_22351197.jpgb0139518_22353641.jpgb0139518_22524555.jpgb0139518_2325286.jpgb0139518_8494482.jpg
農作業中の方に伺ったら、今日(9月7日)からは、五平餅も販売されるようです。
刈り入れ間近、天国へ続く四谷の千枚田です。
[PR]

鶏挽肉の紫蘇焼き

b0139518_2141945.jpg

鶏挽肉には、紫蘇、ネギ、生姜刻んで、片栗粉、塩コショウ、ゴマ油混ぜ込んで
たくさんある青紫蘇に挟んで柔らかに焼きました。
片栗粉を混ぜるとツクネ類は、柔らかになりますよ。
入れすぎるとだらりんとなりますから、適量を。
ポテトサラダの中には、シーチキンとコーン、人参、チーズ、ゆで卵入れて
いつもとちょっと変えてみました。
夏終わり、南瓜のビタミンAで、肌復活させたいところ。高野豆腐、オクラと一緒に。
                              お皿、モズク酢、南瓜煮の器、実十



                   
[PR]

トビコのちらし寿司、豚しゃぶ、かき揚げ

今日食べたものが明日のからだを
今日感じたことが明日の気持ちを作っていく気がしますから、ご飯係はせっせと。
それでも毎日のことなので少しばかり工夫をします。
b0139518_2043265.jpg

干し椎茸を戻したのと人参は、甘辛煮で多めに作れば、
おからや味ご飯、ちらし寿司の具にと便利に使い回せます。
小分けにタッパー保存で、ちょっと時短。

ちらし寿司の上には薄焼き卵、海老、枝豆、トビコはプチプチ。
紅しょうがぱらりは味のポイント。
カリカリかき揚げ、今日は南瓜と牛蒡、枝豆、コーン、干し海老で。
ドラちゃんの味付けの豚しゃぶは、ニンニクダレが決めてです。
ニンニクのアリシンが豚肉のビタミンB1の吸収を早め、夏のお疲れに効きます。
                                    お皿、豚しゃぶの器、実十 
b0139518_1854778.jpg

と、炊き込みおこわ。
冷たいのは、ちょっともう・・・な感じのこの頃ですね。
[PR]