<   2011年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

牡蠣フライ

b0139518_14152643.jpg
揚げ物好きが集まって
牡蠣フライ、イカフライ、鮭フライ。

最近、ついて行けず・・


お店で蕗を見かけたので
筍、人参と白だしで炊きました。
春近し・・・
白菜は淡くクリーム煮。


フライの皿、鵬志堂イサム作。
蕗の煮物椀、掛江祐造作。
キャベツとクリーム煮の器
サラダボール、MIT作。
[PR]

豚肉くるくる

b0139518_9264070.jpg
薄切り豚肉に
大葉に梅、大葉にチーズ
挟んでくるくる巻き。
バターで炒めて香り付け。

南瓜は黄色の濃いものなら
どこ産を買っても大体
ホクホクでおいしい。
カレイのエンガワのお刺身は
お値打ち!

蓮根のキンピラに
好きなモズクのお味噌汁。



くるくる巻きの皿、鯉江明作。
南瓜の椀、掛江祐造作。
お刺身の皿、MIT作。
(土楽教室にて。福森先生、
いつも、ありがとうございます。)
[PR]

鰆の照り焼き

b0139518_23143730.jpg

あれれ、意外に小さかった牡蠣。
ほうれん草、ニンニクとバター炒めに。
里芋、大根は茹でて甘辛味噌つけてホクホク・・・
鰆をたれに漬け込んだ照り焼きは、ちょっと気を抜いたら、たちまち焦げます。
バター炒めのお皿、鵬志堂イサム作。鰆のお皿、鯉江明作。
[PR]

保存食

b0139518_927313.jpg
保存食を棚に並べると
なんだか、一安心。
紅生姜は半年は大丈夫。
梅干は一年以上は大丈夫。
松前漬けは冷蔵庫で
三週間くらい。
ジャムや果実酒も
また嬉し。


けど
美味しくなってきた梅酒は
あと、少し。
ずいぶん作ったのに
ちょっと、お味見のつもりが・・・
今年はたくさん仕込もぉっと!


嬉しい気持ちは
季節を詰めているから。
[PR]

氷見の寒鰤

b0139518_17355257.jpg
京都より、
一の蔵のたまりと五穀味噌頂く。
美味しい寒ぶりを
お刺身で食べたくなる。
五穀味噌で寒しじみのお味噌汁。

調味料がいいと
おいしさ倍増!
ごちそうさまです。

お漬物がそろそろ無くなる。
これはちょっと
まだ、まね出来ない味。

寒鰤のお皿、鯉江明作。
煮物の椀、掛江祐造作。
里芋の皿、ほうれん草の椀、
MIT作。
[PR]

蓮根餅

b0139518_1738633.jpg
蓮根は摩り下ろしたものと
角切りにしたものを
塩胡椒、お醤油、お酒で
味付けしてから
片栗粉、海老、葱、と混ぜて
ゆっくりめで揚げます。
外はかりっと中はもっちり。
角切りの歯ごたえも楽し。
とろろご飯はゴリゴリを
誰かに頼みたい。
サラダにほうれん草のお浸し
ん?・・・・野菜ばっかり。



サラダのお鉢、
ほうれん草のお浸しの小鉢
MIT作。
(土楽食楽教室にて)
[PR]

ユリネのキッシュ

b0139518_17373111.jpg
ユリネはホコッとした
柔らかな味がします。
オリーブ、ハム、チーズの
塩味を少し利かせます。
パイがパリッと焼けると
嬉しい!


お皿、土田空作。
[PR]

ねこたんぽ

b0139518_17401782.jpg

湯たんぽよりはゴロゴロ言います。
湯たんぽよりは柔らかです。
[PR]

ぜんざい

b0139518_14145744.jpg
あずきは、びっくり水をさしつつ
ふっくら炊く。
てんさい糖たっぷりとお塩を少し。
鏡餅は随分早くに開いて
冷凍保存したものを
こんがりと。
寒い雪の日
お外遊びで冷たくなったら
帰っておいで。
[PR]

真っ白な雪にみんなして外に飛び出しました!
雪だるまや雪うさぎを作る赤い手。冷たさを確かめている小さな手。
夜の雪景色は不思議色、みんなを子どもに変えてしまいました。b0139518_17365094.jpgb0139518_17391394.jpg
[PR]