山桃のコンポートとナッツのパウンドケーキ&フルーツゼリー

たっぷり作りましたから、お好きな時に食べてくださいな。
b0139518_14451069.jpg

[PR]

桃のコンポート

こちらまでお訪ねいただいた方に、ありがとうございます。
お爺さん達と私の田舎暮らしも一年半ほどになり、
ご飯係をしつつ介護な毎日を送っています。
日々起こるアクシデントも暮らしのポイントになっているようです。

時々の作陶、季節ごとの保存食作り、セーターのお仕事を楽しみに
今日作ったご飯が、家族や私の体になって明日につながっている・・・・・
美味しくできた時の幸せな気持ちも大切にしたいと思うのです。

この秋にはお山を下りてお目にかかれる日もあるかもしれません。
暑い日が続いていますがどうぞお体大切に
お会いできる日を楽しみにしています。
b0139518_15414932.jpg
あいかわらずのコンポート好き
ヨーグルトにチーズケーキに。


[PR]

いつもありがとうございます。

こちらまでのご訪問ありがとうございます。
2015年は孫達の育児家事手伝いの西暮らしでしたが
2016年からは東で、お爺さん達とお山暮らしです。


とてちてと・・のんびり、時々ブログもUPしてゆけたらと思っています。
これからもよろしくお願いいたします。

b0139518_11272342.jpg
糠床も何とかかんとか5年目突入できました。

[PR]

チューリップ

マルちゃんの口元もチューリップ
b0139518_21495239.jpg


[PR]

天空の春うらら

b0139518_07551419.jpg
花さか爺達が住む天空の村は、4月中花ざかり。
申し訳なくひとりじめ。

[PR]

京都高山寺石水院

足をのばして京都栂尾山 高山寺。
北山杉木立の中ゆっくりゆっくり歩を進めます。
鎌倉初期、後鳥羽上皇より明恵上人が賜った石水院へ。
ここはもみじに囲まれています。
紅葉の季節を外して訪ねているからでしょうか
いつもひっそりと静かな所です。
b0139518_03480873.jpg
明恵上人が好んだとされる善財童子(ぜんざいどうじ)像
鳥獣戯画に木彫の愛らしい子犬の像がお迎えしてくれます。
この小さな石水院の、内と外の堺のない回廊に
ゆっくりと座っているだけで、心はすとんと収まるようです。
b0139518_03484498.jpg

b0139518_03492197.jpg

b0139518_03500175.jpgb0139518_03501514.jpgb0139518_03503297.jpgb0139518_03504870.jpg
栄西禅師より送られた中国のお茶の種を
明恵上人がこの地に植えたのが日本茶の始まりと言われています。
境内には日本最古の茶畑もあります。


[PR]

五平餅

ご近所コミュニティで教わった五平餅作り。
農家の皆さんですから、お米作りからの手作り。
炊きたてご飯をすりこ木で潰し、杉の木にギュッと形作ってくっつけて
胡麻味噌ダレをつけて炭火で焼きます。
味噌が焦げてこんがりといい匂い。
熱々、美味しくできました!

b0139518_22435564.jpg
大皿は土楽釉を還元で焼いて、青みと貫入が出ました。

[PR]

石鹸シャンプー、柚の種アロエ化粧水

庭爺が「この季節のローズマリーが一番いい香りらしいよ。」
と教えてくれたので、「猫のしっぽカエルの手」で作られていたものを少しアレンジして
庭のローズマリーを使って石鹸シャンプーを作ってみました。

無添加石鹸をおろし金でおろしたら、ローズマリーと昆布のゆで汁に溶かし
蜂蜜、椿油少しを足して瓶に詰めて最後にローズマリーをまたひと枝入れます。
リンスなしでも私のような猫っ毛のベリーショートには、良い使い心地です。
b0139518_23455880.jpg
化粧水は、ホワイトリカーにいれ貯めた柚の種とぷくぷくに太ってきた庭のアロエ。
どくだみの葉を足して半年ほど寝かしたあと、グリセリンを混ぜて完成です。
この化粧水がまた、格別しっとり、ほんのり甘いです。
娘に「どこまで作るの?」と笑われますが、作ることは本当に楽しい。
b0139518_23461963.jpg
石鹸シャンプーは時間が経つとこんな素敵色。

[PR]

味噌の仕込み

セーターの仕事が落ち着いたこの頃、ようやく味噌作りです。毎年恒例行事となりました。
寒仕込みがいいと思っていたら、春仕込みが美味しいと聞いて一安心
「大袖大豆」を米麹で、「とよまさり」を豆麹と米麹で今年は二種類仕込みました。
春夏秋を越した頃に完成予定、味の違いが楽しみです。
豆と麹と塩が三つの季節を眠り、美味しいお味噌に熟成されていきます。

b0139518_23371171.jpg

[PR]

甘夏マーマレードその後


b0139518_16360914.jpg

苦味ばしったマーマレードを
甘夏と蜂蜜、きび糖を
足してもう一度作り直し
いつもの味に近づきました。
少し残る苦味は味わいです。

[PR]